Welcome To Our Site...

This section is to display just about any kind of information you'd like. To remove this section simply delete any references to 'intro.php' in the Main Index Template.

毎月かつかつな生活・・・いつかは自分のために

Posted By on 2017年4月5日

専業主婦歴8年です。
日々の水道光熱費や子どもの習い事は銀行から引き落としにしており主人の口座から使っています。
食費や娯楽費などは手元に毎月引き出す分が決まっていて、その中で使っています。
急な出費(飲み会や観光葬祭など)は食費からしょうがなく出しています。足りなくなったら使う分だけ引き出すようにしています。
一番毎月の使用額の変動が大きいのが外食です。主人や子どもは休日になると外食をしたがります。先週行ったとしても今週も、と行きたがるので、それを断れない私も悪いのですが外食が困ります。

次に習い事です。
ピアノを習っている子と水泳を習っている子がいるのですが、ピアノはコンクールや発表会の出場代が年に1~2回かかり、1回1万円くらいかかります。
それに加えて服が小さくなっていれば発表会用に揃える必要があるのでお金がかかります。水泳も似たようなものですがウエアやバックなど揃えるものがあり、困ります。
学校からの費用も急に購入しないといけないものが出てくるとあたふたします。

次に医療費です。歯医者や耳鼻科など初診は高いですし、通院が長引く場合がほとんどなので、申し訳ないですができるだけ行かないようにしています。それでもどうしても行かなければいけない時はその分娯楽をけずります。
子供とゲームセンターに行ったりするのを減らしたり、お出かけを減らしています。

主人の実家に帰るときも正直困ります。毎月帰らないといけないようで、手ぶらで帰るわけにもいかないですし、必ず何かお土産を購入していきます。
みんなで何か食べに行くとなると親に出してもらうわけにもかないですし、その分を予算に入れないといけないくらいです。そうなると帰って来たら食卓のおかずは減らして、給料日まで買いものも我慢して過ごします。
そういう時はもやしをよく買います。ゆでてもいいし炒めてもいいし万能野菜です。豆腐とかうどんとかもよく使います。
安くて品数が少なくても満足できる食事にして乗り切っています。

家で過ごすようにして出かけないようにすればお金も使わなくて済むのでそうしています。
旅行に行く事もあるのですが(年に1回くらいで遠くへは3年に1回など)家族で楽しむことなのである程度の出費は覚悟して計画しています。
楽しむ事が目的なのであまり使いすぎとかは考えないようにしていますが、そのあとはやっぱり食費をけずり、電気をこまめに消したり節約生活しています。

今は余裕がないですが、いつかは自分のためにお金を使いたいと思います。
そしたら一番に脱毛にいきたいですね。(※ここで探してます⇒脱毛渋谷
もう少しの我慢だ!

予想外の骨折

Posted By on 2016年3月11日

現在42歳独身女性ですが無職の状態です。
去年まで仕事についていたんですが10月に紅葉を見に山歩きをしている時に滑り落ちてしまい、その時に右肩を骨折してしまいました。
(学生時代はスポーツをしていたので身体に自信はあったのですが。)
レントゲンの結果、鎖骨と肩の結合部分と右肋骨が一本折れていました。
最初に行ったのは民間の整形外科病院だったんですが、肩の手術となるとウチではできないから紹介状を書くからそこで先生に診てもらって手術か保存療法で治すかを相談してみてくださいと言われました。
怪我をして診察してもらったのは土曜だったので、二日後の月曜に勧められた病院で診てもらったら手術より保存治療を勧められ、肩を固定するベルトをつけて骨がくっつくのを待つ方法での治療に決定しました。

ただ、骨がくっつくまで体を動かしてはいけないのと、骨折と打ち身の痛みで起き上がるのさえ大変な状況だったのでとても仕事どころではなかったんです。
仕事中の怪我ならまだしも、休暇中の事故なので勝手に休まれてはこまる、代わりの人を入れるからとクビになり失業しました。派遣社員だったのでこのあたりは仕方がないなあと思いあきらめました。
骨折のダメージが大きくて言い争う気にもなりませんでした。

現在は肩を固定していたベルトをとり、お医者様からは骨がくっついてきてるので肩を動かす練習をしていきましょうといてリハビリをするように言われました。
先生の話し方では慣れてきたら健康な左肩と同等の動きが出来るように言うんですが、とてもそういうレベルではありませんでした。

最初はベルトをはずしたばかりだし違和感もあれば筋肉も衰えてるしってことで一ヶ月その病院でリハビリを行ったんですが、腕はある程度上がるようになったものの(最初は90度、一ヶ月後に120度)、腕を外側に開こうとすると鈍さと痛みがありますし、動くといっても物を持てるような力がないのでこの先どうなるんだろうかと悩みました。

この対策として病院を変えました。
私は今まで病院にほぼ行ったことがなかったので、どの病院がいいかなんてことはしらなかったんですが、親戚のおじさんに聞いたら怪我とかの骨折はここがいいと病院を勧めてくれたのでそこに通うようにしました。
先生にはこの病院だと午前しか診療していないので時間がきつく、午後も診療してるOOに行こうと思うので紹介状を書いてもらっていいですかとお願いして書いてもらいました。

親戚の言葉どおりその病院だと詳しく診てくれましたし、リハビリのやり方も的を得たやり方をしてくれるというか、リハビリに行くたびに調子が良くなってくるのがわかりました。
無事、完治しパートですが再就職することができました。
とは言え、働けない期間が長かったためカツカツの生活です。急にまとまったお金が必要な時にはこのサイトを参考に頼ってみようと思います。

参考サイト・・・☆ 専業主婦キャッシング ☆

極貧食事生活

Posted By on 2014年5月17日

私がまだ大学生だった頃、食費に困るぐらいパチンコにお金を使いすぎてしまい、かなりの節約生活をすることが何度もありました。

若かったので後先考えずにお金を使い込んでいた頃ですね。。。何も考えず好き勝手使っていましたね。

大体その当時でのアルバイトの給料が10万円前後でした。恥ずかしながら、家賃は両親が出してくれていたので、私が払うのは携帯電話の料金と食費、光熱費程度でした。

贅沢をしなければ、月に4,5万円は残るのですが、給料日にいきなり5万円負けるなんてことも良くあることでした。

もうそんな時は次の給料日までの生活が大変でしたね。食費をいかに安くできるかが生活のポイントでした。節約節約の日々でしたね。。。

当時私は、そのような生活が頻繁にあった為、パスタやそば、うどんの乾燥麺をかならずストックしておくようにしていました。

そして何種類か調味料も用意してありました。今月は食費を5000円以内で生活しなければ、なんて時には、適当に調味料で味付けしたパスタだけ、モヤシ炒めとご飯だけなんてことも頻繁にありました。

慣れてくると不思議なもので、塩、コショウ、醤油、ソース、ケチャップなどがあればある程度どんなものでもほどほどの味に料理が出来てくるようになりました。

ですが、あまりにもそんな生活が長く続くときは、自分で栄養失調気味だなと痛感することがありました。歩くだけで少しふらついたりなどが頻繁にあったのです。

やはり、給料はもらった時点で必要なお金と自由なお金にすぐに分けておくべきです。

本当にひどい時は、生活費全てを使い込んでしまい、どうあがいてもやっていけない時もありました。

こんな時は仕方なく、お金を借りるハメに・・・。(大学生金ない)

この時は本当に後悔ばかり。お金の使い方を全く分かっていなかったですね。

今ではこの時の経験を反省し、パチンコもやめましたし、毎月しっかり貯金するようにしていますよ(^◇^)

車の購入

Posted By on 2014年4月10日

現在25歳になるコウジです。独身で彼女募集中ですwww

ちなみに仕事は大学卒業後に、医療機器の営業の仕事に就きました。勤めだして3年経ちますが、だいぶ仕事にも慣れて毎日それなりに楽しくやれています。

会社の人たちもいい方たちばかりで働きやすいです。欲を言えばもうちょっと給料が多ければ文句ないんですけどねw まぁ、まだ3年ですからね。これからですよね(^^)/

そんな僕なんですが、就職してから初めて買った高価な物があります。それは自分専用のパソコンです。 それまでは家族で同じパソコンを使っていましたが、自分専用の物が一台あった方が便利だと思い、思い切って買いました。

好きな時にインターネットを観たりできるので、便利で良いです。活動の幅を拡げたかった、というのもありますね。自分専用ということで、カスタマイズも好きに出来ます。

10万ちょっとくらいのお値段でしたので、凄く高価なパソコンという訳ではありませんでしたが、自分のお金で買ったからか凄く高く感じましたね。普段、10万円以上の物を買う機会自体、滅多に無いので。

この時は、自分のお金で高価な物を買える年になったんだなあと、大人になったなあと何となく思いましたね。

そしてまた今度、パソコン以上に高価な物を購入しようと考えています。

それは車です。去年車の免許を取得したんですが、ずっと親の車を乗っていました。でも、そろそろ自分の車が欲しいと思い買おうと考えています。

ただパソコンと違い、すぐに買える額ではないですよね。友達が乗っていた車を安く譲ってもらう予定なんですが、それでも70万円します。

車の値段としては安い方なんですが、70万円は僕にとってはかなりの大金です。一応コツコツ貯めたお金が50万円ほどあるんですが、残り20万円が足りません。

なので、足らず分をカードローンで借りようかなと考えています。でもお金を借りる時って会社にも連絡が入りますよね。

仕方がないことなんですが、会社に連絡が入るってなんか嫌ですよね。お金を借りるだけで悪いことはしてないんですが、なんか恥ずかしくも感じてしまいます。

でも借りない事には買えないので仕方ないですけどね。早くマイカーが欲しいです!!

最近のお笑い事情が人間関係を難しくする

Posted By on 2014年3月28日

何処でも人間関係は簡単ではありません。
とくに学生時代は友人との関係が大変でした。
例えば、靴や洋服やカバンの類でも、みんなと同じものを持っていなければ馬鹿にされたりしますし、流行に敏感であることや、みんなが面白いというテレビなどを一緒に見ていないと直ぐに仲間外れにされるからです。
大人になるとそれなりに個性は尊重されますが、学生の頃は他の子と違う事は恐ろしい事であり、とても勇気が必要な事でした。
お笑いブームが進むと、バカにしたり笑いものにするときに、痛烈な言葉の暴力が「お笑い」としてエスカレートした状態がとても恐ろしかったです。
みんな笑いながら、お笑い芸人のマネをして「お前、いなくなれよ~~」とか言われると、案外傷つきやすく、優しい言葉を愛する私としては傷ついていたものです。
そんなみんなと、傷つかないふりをしながら、自分の感情や好みは殺しながら付き合っていくのは大変でした。

また、みんながコンパに行くというと自分だけ行かないっていうとまた茶化されたりするのであまりそういうのは好きではないしお金もなかったので行きたくなかっても付き合いとして行くことが多かったですね(>_<)

どうしてもお金がない時でもどうにかしたらあるだろ〜なんて言われて結局お金を学生でも借りられるところで借りまで行ったこともありましたね・・・

看護師さんがいてくれるので病院に行く気になる

Posted By on 2014年3月11日

最近では男性看護師さんもいらっしゃいますが、女性患者にとっては女性の看護師さんがいてくださるから病院に行く気になります。

私は病院が嫌いなので、滅多に病院へ行きません。 数年前に婦人科に初めて行きました。 女医さんに診ていただきたかったのですが、近所には女医さんの婦人科がなかったため、男性医師の婦人科にいきました。 どんな検査をするかビクビクです。 診察室に入った時から診察が終わるまで、女性の看護師さんがずっと私の近くにいてくださったので、安心して検査を受けることができました。

私のように病院慣れしていない患者にとっては、婦人科だけでなくどんな診療でも、診察室で男性医師と2人だけになるだけで緊張してしまいます。 そんな時こそ、女性の看護師さんの優しさに救われる気がします。

逆に男性の場合ですと、女性ばかりに囲まれてうれしいという人もいるかもしれないですが、逆にちょっと緊張するという男性の方も多いかもですね。草食系というのが流行っているみたいですから。

ですので、科に合わせて男性の採用率も増やしたほうがいいかもですね。男性看護師の求人を出して。

面白い!!

Posted By on 2014年2月24日

大学生の頃は、ラグビー部に入っていました。

それまでラグビーなんてルール―も知らないし、やった事なんて一度もなかったんですが、友達に誘われるがまま入部する事に。

ちなみに、僕は身長170センチ、体重58キロの小柄な体格なので、ラグビーとは無縁の体格。

どう考えてもラグビーとは不釣り合いだったんですが、実際やってみると凄く面白くて、大学4年間は、ラグビーに没頭する毎日でしたよ。

卒業した今でも、たまにOBとして練習の手伝いなどしています。